山形の旬!新鮮で美味しい野菜と果物と感動を贈ります。

 » 
黒田吉五郎商店 野菜ソムリエインタビュー

黒田吉五郎商店さんの紹介

創業大正7年。山形県天童市を中心に、青果物の卸業・加工業を行なっている。
天童温泉の旅館・ホテル街に位置しているため地元の旅館や飲食店が主な取り引き先である。
従業員は7名。4台の配送車を有し、従業員が毎朝お客様のもとへ直接新鮮な野菜や果物をお
届けしている。

旅館街とともに成長しつづけ、そしてこれからも天童の発展のため貢献することを願う企業
のひとつ。

目次

黒田達郎さんプロフィール

1974年(昭和49年)、12月16日生まれ。天童市出身。
東京の大学を卒業後、東京でサラリーマン生活を数年送った後、故郷である山形県天童市に
戻る。
2005年4月に黒田吉五郎商店に入社。以降、父である社長とともに、5代目を継ぐ者として
日々業務に勤しんでいる。

趣味は、週1で行うバスケット。特に、90年代のNBAに明るいそう。また、70年~90年代の洋楽も好きで、それがきっかけで取引先のお客様と意気投合したこともある。

―黒田吉五郎商店さんは、一日どのくらいの取り引き先を回っているのでしょうか。

(達郎さん)日によって変わりますが、旅館7件、飲食店10件くらいと、あとは病院や市内の給食センター、自衛隊の糧食班などを回っています。
旅館ですと1件につき一日に10往復ほどする時もあります。

配達は一日20件以上回ります
従業員総出で回ります
―10往復もですか。そんなにたくさんの量を卸しているのでしょうか?

(達郎さん)量もそうですが、特に旅館ですと、仕込みをして足りなくなったから、追加注文をするという形が多いです。一日何回でも対応しています。

―配達は主にどんな時間帯に行かれるのですか?

(達郎さん)ほとんど午前中に配達に行きます。午後にも行くこともありますよ。
配達が一段落したら、加工の方に回ります。

―配達するエリアの担当など決めていられますか?

(達郎さん)いえ、うちは担当制ではありません。
朝、最初だけ誰がどこに届けに行くかは決めますが、それ以降は早く帰って来た人が順次回るようにしています。エリアを定めてしまうと、「○○は担当じゃないから」と突っぱねて、配達が遅れてしまうこともあります。
少ない人数で効率よく回るためには、手が空いた人から、どんどん配達に行くようにしています。配達が終わったら、加工に回ります。

―従業員の方はみなさんが配達から加工までなんでもできるのですね。ところで、加工とは どのようなことをなさるのですか?

(達郎さん)うちで売り出している、「乾燥野菜・果物」の材料を切ったり、お客様からお願いされているちょっとした加工をしたりですね。
例えば「ネギをみじん切りにしてから卸してくれ」「大根をスライスしてくれ」などです。
スライスやみじん切りにする機械がありますので、加工は均一の質を保てます。

機械を使って加工を行います
スライス、みじん切りなどご要望にお答えします
―ちょっとした加工をして卸してくれるのは、お客様にとって嬉しいんじゃないでしょうか。

(達郎さん)そうですね、利用されてる方は多いですよ。取り引き先は旅館さんが多いので。特に旅館の板前さんは、寝る間もないほど忙しいですから、その忙しさを少しでも緩和したいという気持ちから行なっています。
機械が導入される前…25年前くらい前ですかねえ。その頃から手作業でやっていました。

大きな規模の旅館さんから、個人経営の飲食店さんまで、多くの方に利用していただいています。

―どのくらいのお願いまで聞いてくれるのでしょうか。

(達郎さん)そうですね~主に機械での加工なので、あんまり精密なものはできませんが…
まずは指定があれば、その要望をお伝え下さい。
出来る限りご要望に応えられるよう頑張ります。

―次は、商品の仕入れについて教えて下さい。卸している商品はどこから仕入れているのでしょうか。

(達郎さん)立谷川にある山形市公設地方卸売市場に行っています。社長が朝4:00に行き、ある程度必要な本を手配します。その後朝5:00くらいに僕が行き、社長が手配したものをどんどん店に運び、仕分けをします。

一日4.5回は通いますかね。お客様の元へ配達に行ったら、「今日、ちょっと変わった野菜が欲しいのだけど、ある?」と急に聞かれる場合もあります(笑)急なお願いでも、出来る限り探しに行きますね。市場にあれば仕入れてくるし、明日以降必要だったら予約します。
例えば、芽甘草(めかんぞう)や紫さつまいもなどをこれまで仕入れました。

―仕入れる品はどのような基準で選ぶのですか。

(達郎さん)うちは大体、A品を選びます。A品とは、端的に言うと味だけでなく見た目もきれいなものです。きゅうりなら、曲がっていなくまっすぐであるなど。
旅館さんのお料理は、見て華やかであることも大事な要因ですから、青果物の見た目のよさにもこだわっておられます。もちろん、「みじん切りにして使うからA品でなくてもよい」というご要望があればその要望どおりのものを仕入れますよ。
卸市場の人とも長い付き合いですので、「葉物はこの人から」「じゃがいもはこの人から」と決まってますので、お願いもしやすいです。

―市場から仕入れたものをお店にもっていき、そこから各自配達に行かれるのですね。

(達郎さん)はい。ですが、配達の前に各従業員がお届けする野菜や果物のチェックを行います。傷んではないか、葉は青々としているかなど。また、お客様ごとにちょっとした好みってのがあるんですね。例えば「大葉は小さい方がいい/大きい方がいい」とか。そういった情報は従業員同士で共有して、お好みのものをお届けできるようにしています。
お届けして、「ちょっとイメージと違うなぁ」という声ばあれば、すぐ違うものを持っていきます。

―達郎さんは「野菜ソムリエ」という資格をお持ちだそうですね。

(達郎さん)ええ、ジュニア野菜ソムリエの資格をとりました。とったのは2006年です。
父親である社長が資料を取り寄せていて、親父がとるのかなあと思っていたら、「お前がとれ」と言われました。健康志向にある今の時代だからこそ、いろいろなことをなんでも勉強する必要があるという意図のもとでした。次期社長としての僕に資格をとらせることで、世代交代も見据えていたのだと思います。

―野菜ソムリエを取得して何か変わりましたか。

(達郎さん)ソムリエ仲間といいますか、そのような今まで知り合えなかった方と知り合いになれて、人脈が広がりました。野菜について情報共有する幅が広がり、より野菜や果物について詳しくなれたと思います。

(インタビューを横で聞いていた従業員の鈴木さん)
自分では気づいてないかもしれませんが、達郎さんはお客様と野菜について話している時に、成分や栄養素についての知識がぽろぽろっと出ていますよ。
「この野菜は熱に弱いから炒めすぎないで」など。「やっぱり野菜ソムリエは違うね~」なんてお客様から言われてる時もありますよ!箔がつくんじゃないですかね。
「野菜ソムリエが選んだ野菜セット」っていうのも今現在売っていますし。

配達前に、品質をチェックします
ソムリエの資格が生きてると鈴木さんは おっしゃいます
―野菜ソムリエの資格を、これからどう実務に生かしていきたいと思いますか。

(達郎さん)ソムリエ同士の情報ネットワークを広げて、もっともっと知識を広げて行きたいですね。お客様から「こんな野菜がほしいのだけど…」と相談されるときに、仕入れられるかどうかが腕の見せ所です。
創業も古い店なので、父親たちが代々築いてきてくれた長年の人脈と、僕が築く新しい人脈を生かしていけるのが、うちの持ち味だと思います。

―他に、「うちの持ち味はこれだ!」という強みはありますか?

(達郎さん)
1つ目は、前述したとおり加工を行なっていることです。お客様のご要望にできるかぎりお応えしたいので、まずはお気軽にお尋ねください。

2つ目は、旅館街の中にあるという好立地な点ですかね。繁忙期なんて特に、板前さんや料理長さんは忙しいですから。1時間だけ寝て、夜通し作業…なんてこともザラです。うちの冷蔵庫と事務所は24時間開放しているので、そんな夜中に食材が足りなくなったら、店まで来て1パッと取って行ってもらってかまわないシステムになってるんです。

3つ目は、卸している品物の品質です。山形県内のある飲食店チェーン店さんの、一店舗にだけ野菜を卸していたんですよ。そしたら、「黒田さんのとこの野菜は安くて品質がいいものを持ってきてくれるから、他の店舗にも卸してくれないか」と言われました。お客様に、品質をかわれ、その上別のお客様を紹介してくださるというのは嬉しい限りです。

―これからは、その持ち味を生かしてどんなことに力を入れていきたいと思いますか?

(達郎さん)これからは、小口のお客様をどんどん増やして行きたいですね。それこそ個人経営の飲食店さんなどです。卸す量がちょっとでも構わないです。それこそ、月1万円くらいでも。こっちもそんなに大きな規模の卸業者ではないので、配達可能エリアは限られてしまいますけど、よりよいものをなるべく多くの皆さんにお届けしたいと思います。

加工例。にんじんのツマを作りました
冷蔵庫は24時間開放。 夜中も自由に持っていける そうです
―最後に、お客様へのメッセージをお願いします。

(達郎さん)
卸業者に青果物の卸しを頼むお客様が一番大事にしていることは「安定供給してくれるか」だと思います。お客様のほしいものを、ほしいだけ確実にお届けすることを大切にしています。
期限・品質はもちろん守ります。
また、お客様から「こういうものがほしい」と
ご相談を受ける機会も多いですので、その相談に対して、お客様が求めることの1mmでも上をいけるような提案ができたらいいなと思います。

黒田さん、本日はお忙しい中ご協力ありがとうございました。